神戸に行ってきたよ、マンホール蓋編。憧れの水道單氣辨

ずいぶん間が空いてしまいましたが、
大阪・神戸シリーズの最後になる予定です。



今回はなんといってもこれ!!!
ひょっとすると19世紀の生き残り?といわれている蓋だそうです。


今回は夫の出張に貼りついて来たので、
疲れないようあまり歩き回らない計画で
時間もあまりありませんでした。

目的を冒頭の古蓋に絞り、神戸駅から出発。



デザイン基準点蓋、蓋庭つき。
神戸は横浜と似ているところが多々あって親近感がありました。
歴史もなんとなく似ていますね。



神戸の汚水蓋はこんな地紋が多々。
名古屋型は見かけませんでした。
東京市型は数枚見たかな?(既に記憶が曖昧)




新神戸駅に着きました。
ここから布引の滝方面へ向かいます。



駅出口あたりにあった仕切弁蓋。渋い。



駅前の照明灯蓋。地紋が可愛い



おおっ電電公社配線室!目の前には電電蓋。
電電公社蓋好きとしては大変嬉しいツーショット。
無くなっていってしまうから、撮れるのも今のうちですね。



さて、いざ。こんな階段を登っていきます。



素敵なフォントの止水栓蓋。
これ、いわば「水構え」になっていますね。

真ん中のマークは、1927年発行の「日本水道史」という本にも載っているそうで
蓋散歩びとさんのブログにて紹介されています。素敵。



階段横にあった蓋。きゃー素敵!



道!なんて素敵なフォント。




布引の滝に到着。わーすごいなー!
滝の写真って難しいですね。
様々な角度で楽しめる素敵な滝でした。

先を急ぎます。




消火栓蓋。



右書き、よいフォント。




縁石だけ残っている。蓋はないのかな。
…もしや、埋まってるとか?


掘ってみた。






出てきたー!先ほどの制水辨と同じ蓋みたい。




うー分かりにくい。蓋ブラシ持ってくるんだった…



そして!




そして



ついに



これーーー!この蓋!会えたーー!!!

実際は落ち葉と土を被っていたので、
どかしてウエットティッシュで磨きました。



狂喜する私。



フォント部分。なんて素晴らしい。



かっこいい…!!!

この蓋については、やはり蓋散歩びとさんのブログで解説があります。
水道局に問い合わせて、明治33年ごろのものかもという回答を頂いたと。
凄すぎる!

質感といいフォントといい古さといい、完璧な素敵蓋です。



ガタつく気配もなかったから、まだまだ大丈夫かな。
ずっと有り続けてほしいです。
また来るね。


この先のダムにも行ってみたかったのですが、
雨が降ってきてしまったのと時間が押してきたので戻る。



神戸駅まで戻り、時間まで少しぶらぶら。
こういう角蓋がたくさんありました。
「雨」のフォントが可愛い。


蓋散歩びとさんのブログで紹介されていた古蓋を見たかったのですが、見つからず。
歩いた範囲はあまり間違っていなかった様子なのですが、
時間が押していて気が急いていたからかも。



駅前にあったこれが、
かなり磨耗してしまっているけど似てるかな。

このへんの蓋は、今度来たときにゆっくり探したいと思います。


大阪も神戸も楽しい街でした!
今度来るときは色々と計画を立てよう。

DMで突然蓋の場所をお尋ねしたのに、丁寧に教えて下さった
蓋散歩びとさんに特大の感謝を。いつもありがとうございます。
(この記事の蓋散歩びとさんのブログ参照率がすごい)




【大阪・神戸関連記事】
大阪・マンホール蓋編
大阪神戸・送水口編
大阪・建築物編


関連記事

4 Comments

幹太 says..."もう文化ですね〜"
素晴らしい情報でした~
もはや歴史遺産ですね(*´ω`*)
2015.05.19 08:51 | URL | #- [edit]
みわ says..."Re: もう文化ですね〜"
>幹太さん
コメントありがとうございました。
返していないことにいま気づきました…しかも2件も…ほんと申し訳ないです。
コメントありがとうございました!本当に歴史遺産ですよね。
しかも現役で頑張っているのだから凄い。いつまでも在り続けてほしいです。
2015.07.05 20:57 | URL | #- [edit]
たくあん says...""
こんな蓋があったのですね。
ん~8月に神戸へ行ってきたばかりなのに(>_<)

メインは煉瓦と洋館だったんですけどね(^_^;)
2015.09.01 00:41 | URL | #HfMzn2gY [edit]
みわ says..."Re: タイトルなし"
>たくあんさん

きゃーレスしていなかったとは!ごめんなさい。
神戸は煉瓦も洋館も豊富そうですね。私たちは時間がなくて洋館全く見られませんでした。
今度また送水口もメインに据えて訪れたいと思います(^^)
たくあんさんも再訪されるときはぜひ!
2015.09.06 18:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。