鶴見線に乗ってきたよ、後編。海芝浦駅、イソヒヨ、電防!

後編です。




今回のメインは海芝浦駅!大迫力でした。

これはもう書くまいと思っていたのですが、
なっっっっがいです。
よろしくお願い致します!




前回の続き、国道駅を出発。
次の電車まで40分くらいあるので、歩くことにしました。



良い感じの住宅の前では、スズメの巣立ち雛が採餌してました。
雛らしくあどけない感じ。警戒心薄くて、撮り放題。
嬉しいけど、可愛いけど、ハラハラする!警戒もしておくれね。



川に出ました。線路沿いには行けないので迂回します。



こっちにもゆったりした所作のスズメが。
これは雛かな?どうだろう。嘴の付け根は黄色くないね。



カワウさんこんにちは。顔かゆいですか。



線路に合流したあたりに、1/4境界標!



木製の電柱もありました。



スラッジ管?初めて見た。

スラッジとは
工場廃水や下水処理に伴って出る泥状物。汚泥。へどろ。

とのこと。(Weblio辞書より)

この辺には水再生センターはないようだから、
工場排水のことかなぁ。

追記。「横浜市鶴見区末広町1-6-1に横浜市の下水処理場がある」と
コメントで教えていただきました。
地図で見ると、まさにそこに繋がっていそう!!
幹太さん、ありがとうございました。




SL仕切弁。ぐう、また見たことのない蓋が。
調べたら、これもスラッジ管仕切弁のことらしいです。
横浜市環境創造局がpdf公開してた。



工業用水の蓋もあった。これがいわゆる中水?
この蓋はネットでよく見かけるんですが、撮るのは初めて。ほくほく。



こんなところをてくてく歩きます。



多い。うえに、



訂正されてる。ちょっと違ったのかな。



あーこの砂利の混ざり具合といったら。
コンクリ蓋でも砂利がたくさん混ざってるのが好き。



消火栓蓋。
よく見る蓋と似てるけど、これは字体といいなんか古そう。


通りかかった公園に、ワニがいました。



鶴見区のキャラクターのワッくんと、
お友達のワッコちゃんだそうです。



あら良い蓋、良いデコボコ具合。
上水道だからか、青いスプレー跡が。
経がもう分からないね。



そうこうしている間に、鶴見小野駅に到着。



これ!!昔は駅員さんがここにいて
ハサミをカチャカチャやりながら切符切ってくれましたよね。
憧れだったけど、今考えるとすごい重労働。
腱鞘炎にならなかっただろうか…



今回のメイン2つ目の駅に向かいます。



着いた!(早っ!)海芝浦駅です。
電車を出るとすぐそこが海!
ここは友達に教えてもらったのです。
鉄道好きさんはみんな知ってるくらい有名なんだとか。



ホームも良い感じです。



やっぱり簡易Suicaの改札。
これを通ると、



東芝の京浜事業所入り口があります。
もちろん東芝関係者以外は入ることが出来ません。
イコール、一般人は駅から出ることが出来ません。
ここは東芝関係者さん専用の駅なんですね。



ただ特殊な駅で訪れる人が多かったので、
東芝が敷地内に一般人向けの公園を作ってくれたそうです。
優しい!東芝のエスカレーター好きです!



公園内はこんな感じ。



イソヒヨ(♀)が!可愛いなぁー!



防波堤の上をちょこちょこしてました。
ビルの上にいるのを見ることが多いので、
本当に磯近くにいるとホッとします。

海芝浦駅が終点で、折り返しまでの停車時間が15分。
それを逃すと2時間(!)電車がありません。
もう少し長居したかったですが、電車に乗り込みます。



降りたのは浅野駅。
もうなんか色々と良い。



電車とホームの間がこれだけ開いている駅も、
今時そうそうない気がする。



出口が逆ホームにしかないため、線路を渡ります。
線路を渡ります!!(嬉しい)



渡ったホームから歩道を見下ろす。素晴らしい景色。



ものすごく格好いいものを背景に、猫がお昼寝されてました。



この動じなさ。私たちを全く気にしていませんでした。



ホームに境界石が。黄色い。珍しい!



駅から出ると、この景観!!
ホームからもう既に格好良かったけど、素晴らしすぎる。



きっぷ売り場も素敵です。



出たところには排水エン蓋。完璧。



こんな道を進みます。すごく暗渠っぽい。



角に素敵なタバコ屋さんが。



タイルに詳しい方を引っ張って来たい。



ガスの小蓋。このフォントすごく好き。



安善駅を徒歩で通過。

で、その先に不思議な地形があったのです。



地図的にはこの辺なんですが、



あっちも凹んでて、こっちも凹んでる。



住宅街全体が凹んでる感じで、両側に階段があります。



はて?(ーー;)


地理的な知識がないから分からない。
このへん埋め立て地な気がするし。

調べ始めるとブログ更新が更に遅れるので、
考えるのを放棄して先に進みます。あー調べたい




武蔵白石駅を徒歩で通過。



高架下、



レールが転用されていました。素敵



変わった蓋。
すぐ横に下水道の施設があったので、それ関係と推測



あ!日本石油化学の電防蓋!
これTwitterか何かで知って、いつか見たかったんです。
僥倖かな僥倖かな。



設置状況。



線路!かっこいい!!



浜川崎駅に到着ー!外観撮り忘れた。



撮り鉄さんへの注意書き。
昔から困ったちゃんがいたんですねー。



先ほどのは鶴見線の浜川崎駅、
こちらが南武線の浜川崎駅です。
ここから電車で帰ると決め、30分くらい待つことに。



この駅、ホームが素晴らしかったんです!
なんと鉄塔&変電所ビュー。



ぐうぅ素敵。待ち時間も苦になりません。



振り返ると、線路にぽつんと電車が。
ええと、機関車?



寄ってみる。古そう。
なんでここに置かれているんだろうか。



「大船保線区」大船って、鎌倉市のあの大船?



プレート。昭和41年に作られたようです。


詳細分からないけど、素敵な車両でした。



というわけで、鶴見線編はここで終了ー。
良いところだったからまた来たいな。




最後に、尻手~浜川崎間の路線図を。

潔い!



長い記事にお付き合い頂いて、ありがとうございました!

関連記事

4 Comments

幹太 says...""
楽しく読みました(*´∇`*)

ちなみに、横浜市鶴見区末広町1-6-1に、横浜市の下水処理場がありまして、そこに市内の下水汚泥(スラッジ)を集めていますが、その管のマンホールだったりするかも知れません!
2015.08.18 22:09 | URL | #- [edit]
みわ says..."Re: タイトルなし"
>幹太さん

コメントありがとうございます!
末広町に水再生センター…ほんとだ、めっちゃある!気づきませんでした。
蓋を見掛けたのは鶴見小野駅手前なので、まさにそれですね。
教えて下さってありがとうございます。記事に追記させて下さいー
2015.08.19 10:25 | URL | #- [edit]
artbeerplan says..."地理的変遷"
http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=35.500783863703894&lng=139.70288129716494&zoom=16&dataset=tokyo50&age=2&map1type=roadmap&map2type=terrain&dual=true&mapOpacity=10&altitudeOpacity=4

みわさま。なんとなーくこのへんを見ると両脇決められちゃった・・・というような感じでしょうか?
2017.02.28 01:45 | URL | #2EvpDY9c [edit]
みわ says..."Re: 地理的変遷"
コメントありがとうございます。ごめんなさい、貼って頂いた今昔マップを一生懸命みたのですが、意味がとれませんでした。
「両脇決められちゃった」とは…?
2017.02.28 23:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。