送水口博物館。



2015年11月23日、新橋に送水口博物館がオープンしました。
本当に素晴らしい博物館です。

展示内容ももちろん価値があり送水口ファンには夢のような場所なのですが、
あの場所にはそれ以上のものが詰まっています。

私もたまたまお手伝いできることになって、
開館前から今までの過程を間近で見ることができました。

その間、「人の力」というものに感動しっぱなしでした。



まず、もちろん館長である村上さん。
この方がいらっしゃらなければ送水口博物館は実現しませんでした。

次々と浮かぶアイデア、そしてそのアイデアを実現できる技術。
考えてみたら専門外だよね?ということも難なくこなしてしまいます。
イラストレーターも扱える!凄い。

お人柄も明るくて楽しくて、色々なことをお話して下さいます。
本当に神様みたいな方です。

初めて送水口博物館を訪れた方も、
村上さんが屈託なく話しかけて下さるので 安心されたのではないでしょうか。



入り口のこのプレートも、村上さんがオープン前日に思いついて
突貫で作られたものです。 すごすぎる。


そして、村上さんを手助けする送水口ファンの皆さん。


…一人一人のことを書いていたら終わらなくなってしまったので
あえてお名前を出さずに行きます。



関わった皆さんが、これまた凄かった!

展示の概要が決まるや、タスクをばーっとリスト化して、
膨大な情報から展示パネルの内容を分かりやすくまとめ、



文字データと数ある写真からこんなに見やすいパネルを作り上げ、



開館祝いにこんな素敵な送水口ラベルビールをデザインし。


各種イベントも企画して、フライヤー(おしゃれ)も作成し…


皆さん、元々持っているスキルが高いんですよ。
それぞれが何がしかのプロで、そのスキルを遺憾なく発揮されて
本業の合間ながらクオリティが高いものを淡々と作り上げていく。
ものすごく格好良かったです。

こんなすごいことを間近で見られて、本当に幸せでした。



オープン後、開館日にはたくさんの方が訪れて下さいました。
11月21日から12月5日まで、合計7日の開館で来場者のべ200人超え!
これは本当にすごい。



博物月報さんが書いて下さった記事↓と
http://www.hakubutu.jp/12787

キムチさんがまとめて下さったTogetter↓の影響が大きかったと思います。
http://togetter.com/li/906117



送水口が何かも分からないけど面白そうだから来てみた!と仰る方が
複数訪れて下さったのが本当に嬉しかったです。



印象的だったのが、「アットホームだった」という感想が多かったこと。



うん、やはりあそこは「送水口+人」が魅力なんだと思う。
送水口好きな人がニコニコしながら好きなことを語ってるんだもの。
私も居心地良くて仕方なかったですよ。



送水口博物館、すごいぞ。すごく良いところだぞ!



せっかくこんな素晴らしい場所を作ってもらえたので、
長く長く入り浸りたいと思います。


世界の真ん中で多方面に向けて感謝を叫びたい。





おまけ。これから壁を塗るぞ!という状態の送水口博物館。と、




とても格好良く撮れてお気に入りの村上さん写真。



これだけの内容を書くのに、ものすごく時間が掛かってしまった。
悩めば悩むほど平凡な内容になっていくのは何故なんだろう。


ありがとうございました!


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stealthswitch.blog.fc2.com/tb.php/33-e415fe53
該当の記事は見つかりませんでした。