鎌倉へ行ってきたよ、その3。大船田園都市株式会社の蓋など

その2の続きです。



今回のメインはこれ!大船田園都市株式会社の蓋です。
あと江ノ電の蓋もメインの1つかも。両A面!(古語)

ではどうぞ。


前回は極楽寺駅から江ノ電で鎌倉に向かったところまででしたね。
鎌倉に到着しました。



鎌倉駅名物(と勝手に思っている)車止めのカエルさん。
季節によって色んな飾り付けをされているのですが、
この日はお正月飾りでした。マンリョウかな?



ホームに、「え」マーク入りコンクリート角蓋があります。



駅からマンホールさんのサイトを見て行ったのですが、
この「え」マークは昔ロゴマークとして使ってたのかな?
それとも単に江ノ電の頭文字というだけかな。調べたけど分からなかった。



右上には蓋メーカーさんと思われる「カネヤス」の文字。
いいねいいね、メーカーさんはぜひどんどん蓋表にメーカー名入れてほしい(嬉しいから)。



同じく鎌倉駅ホームにあったこれ。「レラ函」??

ググっても全然ヒットせずTwitterで質問したところ
「鉄道用語で連絡のことをレラというらしい」と教えていただきました。
連絡・引き継ぎ関係のものを入れる箱なのかな?

よしやすさん、ありがとうございました!



良い磨耗具合の止水栓蓋。



アップで。良い!!(語彙が貧弱)



そして会いに来たのがこの蓋!
大船田園都市株式会社のマンホール蓋です。

これも駅からマンホールさんのサイトで知り、見に行きました。



こんなところにありました。
幻の田園都市計画が実現していたら、この場所の景色も全く違ったんだろうな。



ぼちぼちとお散歩。おっ、いい蓋。



ササリンドウが浮き彫りになっています。これは素敵。



漢字表記瓦斯蓋がある町は良い町。



丁番部分は厚く作られていて、凹みが埋められたようなデザインになっている。
その事実にはニヤニヤしちゃうんだけど、左右対称じゃないから気になる。



ん?なんか変。異体JIS?
…と思ったら真ん中の「鎌」の字が曲がってるだけだった。



これは異体JISかな。文字が入っていない部分の縦棒が切れている。



なんじゃこりゃ??この地紋初めて見た気がする。



途中に素敵な神社もありました。



最近、神社建築にある動物の彫刻が非常に気になって撮っています。
夫婦間で勝手に「神社アニマル」と呼んでいる。
技巧をこらされ大変表情豊かで、ほんと可愛らしいです。



この神社は鳥居も素敵だった。



見づらいかな。鉄板で補強してあるのです。サイボーグ感!!



さらに歩きます。コンクリート角蓋かわいい

DSCN2204.jpg

素敵な踏切を渡ります。

DSCN2205.jpg

よい線路。
踏切を歩いている時にチャンスがあったら必ず撮る。

DSCN2218.jpg

それから路地を歩いたのですが、この路地が本当に良かった。
この辺は何度も歩いているはずなんですが、なんかこの時は特に素晴らしく感じました。

時間帯が良かったのか、前に歩いた時から今回までの情報の蓄積で見え方が違ってきたのか。
「鎌倉は路地が良い街」という新たな価値観が脳に刻み込まれました。

DSCN2206.jpg

上空にたくさんのトビ。
こんなに大きいのに、飛んでいるところを撮るのは難しすぎる。

DSCN2201.jpg

ゴミ集積所の表示板。
あまり大きい声で言っちゃいけない気がするのですが、私はこれを撮り集めるのが好きで。

ゴミの項目に「植木剪定材」!
違う土地に来てるなあという感じがします。

DSCN2224.jpg

やってきたのは鶴岡八幡宮。

DSCN2225.jpg

きゃあー!!すごいことになってる!
到着したのは16:00くらいだったのですが、初詣の人並みは全く落ち着いていない様子でした。

DSCN2227.jpg

人が落ち着いていたら初詣しようかなとも思っていたのですが、一瞬で諦めました。
こんな近くまで来たわけだし、詣でたも同然だろう。神様も分かってくれるさ。

国宝館に向かうため、行列の横を行きます。

DSCN2230.jpg

国宝館に到着。もう入場できない時間でしたが、見たかったものは見られました。
何を見たかったかというと…

DSCN2232.jpg

これです。ドアのガラス部分に、

DSCN2236.jpg

鎌倉町の星月紋!

DSCN2233.jpg

垂れ幕にも。うん、満足。

DSCN2244.jpg

国宝館の近くには、地上式消火栓。
鎌倉ではたまに地上式消火栓を見かけます。けっこう雪が積もるのかな?

DSCN2245.jpg

横井製作所さん製でした。


さて、満足したので鶴岡八幡宮を出て駅に向かいます。
この日は歩行者天国になっていて、車道をのんびり歩けました。人は多かったですが…

DSCN2253.jpg

三河屋さん。昭和2年の建築で、市の景観重要建築物に指定されているそうです。

DSCN2255.jpg

柱に電気の楕円プレートが。鎌倉電気(?)の上に東京電力のプレートを貼ったのかな。
鎌倉電気なる会社があったかどうかは軽くググッた結果出てきませんでした。
ここで調べ始めてしまうと記事がいつまでも上がらないので我慢して先に行く。
神奈川県の公文書館に行けば電気事業の沿革も調べられるのかな。

DSCN2256.jpg

山に十一。屋号かな?と思ったけど、私がググった限りでは出てこなかった。

DSCN2260.jpg

その三河屋さんの横にある配電盤らしきものに、

DSCN2261.jpg

鶴。かな?なぜ貼ってあるんだろう。
夫「鶴岡八幡宮の近くだからじゃないかな」
うん、それはそうなんだけど、なぜ貼ったんだろう…

DSCN2269.jpg

みんな大好き鳩サブレーの豊島屋さん。ここが本店です。
実は、私は神奈川県に越してくるまで鳩サブレーは東京土産だと思っていました。
豊島屋さんという名前も知りませんでした。ここに告白しお詫びします。豊島屋さんごめんなさい。

確認のために豊島屋さんのサイトに行ったところ、店舗紹介が非常に可愛かったのでご紹介。
Flashだと思うので環境によっては動かないかもしれませんが…
https://hato.co.jp/shop/index.html

DSCN2270.jpg

この建物の鳩ちゃんの目が表示灯になっているんですよね。
点灯しているのを見てみたいですが、点灯するのは非常事態なんでしょうから望んじゃ駄目か。

DSCN2272.jpg

その豊島屋さんの目の前に、違和感を覚える蓋が。

DSCN2271.jpg

あれっ、横須賀じゃないですか!越境だ。
歩行者天国だから見つけられたんですね。ラッキーだった。

しかしこれ、横須賀市章+仕切弁+TB?
水道なのかガスなのか。ガスの仕切弁とターミナルボックスが入ってるのかな。謎。

DSCN2283.jpg

鎌倉駅到着。駅前には数少ないカラー蓋。
駅舎と市の花リンドウ・市の木ヤマザクラが描かれています。

DSCN2281.jpg

駅舎を入れて、ご本人登場!

やー、スッキリした!見たかった蓋を一通り見ることができました。
観光地を巡った気分。


そこでふと駅からマンホールさんが仰っていたことを思い出しました。

蓋の楽しみ方は変化してきている。
以前は未知の蓋を探す楽しみ方だったが、現在は情報が豊富なため
名物蓋を見物するために旅行する人が増えている。

昨年末のどぼくカフェIN TOKYOで公演された内容です。まさに今回は名物蓋見学ツアーだったなあ。

私も未知の蓋を探求するカッコいい趣味人になりたいけど、
まだまだ知識も浅いし見たことがない蓋は多いし、名物蓋巡りすごく楽しいです。
目標を決めて歩いていると、道中で楽しいものもたくさん見られるしね。

うん、精進しよう!


というわけで、長くなりましたが鎌倉編これにて終了です。
ご覧頂きありがとうございました!


鎌倉編
その1
その2







関連記事

2 Comments

幹太 says...""
楽しい記事、ありがとうございました!
最近インフラツーリズムが流行ってますが、これもそのひとつですよね‼
2016.02.02 12:51 | URL | #- [edit]
みわ says..."Re: "
>幹太さん

ご覧いただいてありがとうございました!
インフラツーリズム…そんなオシャレな言葉があったんですね。知らなんだ。
2016.02.02 18:38 | URL | #XREOWBOU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stealthswitch.blog.fc2.com/tb.php/38-971f9d62
該当の記事は見つかりませんでした。