沖縄県のハル石

6月に沖縄に行った時のお話です。

DSCN8564.jpg

これは「ハル石」または「印石(しるびいし)」と呼ばれるもので、
首里王府が設置した図根点なのだそうです。

小禄 -OROKU- うるくさまのページを参考に、
徒歩で行けそうな範囲にひとつあったので行ってきました。



場所はこちら。

DSCN8567.jpg 

眺めのよい場所にぽつりと祠が。

DSCN8565.jpg 

「ユ川原」と彫ってあるそう。
石が歪んでるのは元からなのかな。上に十字が切ってあるかは覗き込めず。
どうやって測量したんだろう。石自体をだいたいの基準にしたのかもしれない。

DSCN8563.jpg 

隣の石に彫ってある「ミーガーモー」ですが、これはハル石の解説ではなく
この場所のことをいうらしいです。

人々の交流の場である遊び庭(アシビナー)という広場のことを
この地域ではミーガーモーと言うらしい。
合コン的なものも行われることがあったようで、ちゅいゆんたく様のページによると
男性が力自慢のために持ち上げた大きな石もここに残っているとのこと。




写真を撮りそこねたのでストリートビューでどうぞ。祠の左側に丸い石が見えますね。

DSCN8569.jpg

石の裏。地元の方々には「ミーガーモー」だけで伝わるんだろうか。すごい。

以上、ハル石見たよの報告でした。

琉球政府の図根点をぜひとも見に行きたかったのですが、さすがに遠すぎて断念。
いつか行きたいなー。それまであってくれるといいけど…






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stealthswitch.blog.fc2.com/tb.php/48-2843d06e
該当の記事は見つかりませんでした。