碓氷峠アプトの道。素晴らしいレンガ建築、廃線跡!

群馬旅行、第四弾です。

IMG_20161003_141131.jpg
碓氷峠「アプトの道」へ行きました。素晴らしかったです!


そもそも「アプトの道」とはなんぞや、という話をいたしますと、
いえ私も存在自体知らなかったくらいなので調べただけなのですが、
旧国鉄信越本線の廃線跡を利用した約6kmの遊歩道のことです。

碓氷峠を超えるためには、最大66.7‰の急勾配を登らなくてはいけません。
そこでレールの真ん中に歯車レールを敷いて車体下の歯車と噛み合わせながら登る「アプト式」という方式を採用したとのこと。
北山敏和さんのサイトが詳しく分かりやすかったです。

電車に詳しくなくて勾配に関してもぼんやりとしか意識していなかった私の感覚では
普通が13‰とか15‰くらい?20‰と聞くとおおけっこうな勾配!という感じだったので
最大66.7‰と聞いて仰天しました。そりゃ大変!
(調べてみたところ、35‰くらいまでなら至る所にあるみたいです。それにしても66.7‰はすごい)


aputo01.jpg
遊歩道はこんな感じで横川駅まで続いています。

aputo02.jpg
我々のルートはこんな感じ。
①車で熊ノ平へ②徒歩で登って戻る③再び車で移動④徒歩でめがね橋へ

DSCN0066_20161006123619803.jpg
熊ノ平へ登ると、ん?熊ノ平へ登るって地名的に不思議ですね。山頂が平らだったのかな。
ともかく、こんな風景が広がります。すてき!

DSCN0072.jpg
アプト式の路線が廃線になったのは昭和38年らしいので、その当時のものかな?

DSCN0075.jpg
2キロポスト。

DSCN0073.jpg
碍子。

DSCN0067.jpg
うふふふ碍子

DSCN0077.jpg
雨が降っていて霧もかかっていますが、それも含めてとても良い風景。

DSCN0102.jpg
色分けされた電柱。これ、今のJRでも使われてますよね?どんな意味があるんだろう。
なんて検索していいか分からなくて不明のまま。


DSCN0095.jpg
右手に変電所が。

DSCN0079.jpg
ひゃああああかっこいい

DSCN0081.jpg
ひゃああああ

DSCN0082.jpg
ずっと変電所を撮っていたかったですが、先に進みます。

DSCN0084.jpg
トンネルが4つある理由について説明書きが貼ってありました。
単線だったから交換のために作ったけど、複線になったから結局交換には使われなかったよとのこと。

DSCN0085.jpg
こういう説明書きは色々なところに提げられていたのですが、どれも愛がこもっていて素晴らしかった。

IMG_20161003_141305.jpg
10号トンネルに入って振り返ったところ。煉瓦っていいですね。

IMG_20161003_141834_R.jpg
進行方向を見る。トンネルの先にさらにトンネル。素敵です。

DSCN0105.jpg
一旦下りて車で移動します。階段はけっこう急で、雨で滑るから慎重に。

DSCN0136_R.jpg
めがね橋に到着ーー!おおおお、予想以上にでっっかい!!

DSCN0139_R.jpg
イギリス積み!(どうしても言いたくなる)

DSCN0141_R.jpg
すごいなあ、こんなのよく作ったなあ。煉瓦を一個一個積んでいったかと思うと気が遠くなります。
DIYをやらせても適当にやってガタガタなものが出来上がる私から見ると、
角がピシッと綺麗に出ていることが驚異的すぎる。

DSCN0144.jpg
階段を上っていきます。途中にかまどが。何かの施設があったのかな。

DSCN0149_R.jpg
上りきると、6号トンネル。かっこいい!

IMG_20161003_151252_R.jpg
ここのトンネルは特に山型目地が素敵との解説がありました。
これって装飾のためですよね。建物の外壁ならまだ分かるけど、トンネルの内壁に施すなんて。
職人さんのプライドを感じます。

DSCN0152_R.jpg
めがね橋の上も遊歩道になっています。

DSCN0153_R.jpg
ケーブルラックが残っていました。かっこいい

DSCN0155_R.jpg
めがね橋から見下ろした道路。道路までかっこいい!

DSCN0164.jpg
道路の反対側を見る。まっ白で分かりづらいですが、山と山の間に橋が掛かっています。


DSCN0165.jpg
寄ってみた。分かりますでしょうか。

DSCN0163.jpg
また親切に説明書きが。あれは平成9年に廃線になった新線なのだそうです。

IMG_20161003_152224_R.jpg
めがね橋を渡りきると5号トンネルがあります。

IMG_20161003_152356_R.jpg
トンネル内部。うーん煉瓦トンネルはずるいほどカッコいい!何枚も撮っちゃうよねこれ。

DSCN0160_R.jpg
ふと見下ろすと、壁の上に何か見えます。

DSCN0156_R.jpg
寄ってみる。煉瓦だ!誰が並べたんでしょうか。

DSCN0157_R.jpg
更に寄ってみる。金具っぽいものも置かれていますね。

DSCN0158_R.jpg
残念ながら刻印はなさそうです。

DSCN0166_R.jpg
下りてみると煉瓦が置かれていたのは身長より遥か高いところでした。
上から撮っておいてよかった。しかし誰が置いたんだろう。


というわけでアプトの道でした。良いところだった!
雨だったので今回は細切れに巡りましたが、次回は全ルートを歩きたいなー。

そもそもこのアプトの道は、煉瓦建築にお詳しいたくあんさんが教えて下さったのです。
たくあんさんのサイトでは美しい写真がたくさん見られますのでぜひ。
やはり煉瓦好きな方が撮る煉瓦写真は違うなあ。


余談ですが、現在でもアプト式を採用している列車があるそうなんです!
大井川鐵道の南アルプスあぷとライン。なんと90‰の急勾配!きゅうじゅう!?

大井川鐵道は普通列車もすごい。「全国の私鉄を引退した車両を整備して運行しています。」ですってよ奥様!!
全く知りませんでした。アプト式も普通列車も乗りに行かなくては!


関連記事

4 Comments

幹太 says...""
明らかに熊が出そうな地名でしたが、無事で良かった(笑)
大井川鐵道は確かに一度は乗る価値があると思います!
2016.10.13 12:02 | URL | #- [edit]
みわ says..."Re: タイトルなし"
> 幹太
た、たしかに!「平」ばかりに頭がいって気付きませんでした。遭遇しなくてよかった…
大井川鐵道、乗られたことありますか?めっちゃ行きたい!
2016.10.14 06:32 | URL | #- [edit]
たくあん says...""
楽しんで来られたようで良かったですね!
遊歩道になってるところを駅から熊ノ平まで全て歩いて撮影してたらしっかり1日かかります(笑)
それだけ煉瓦好きには見どころがたくさんあると思います。
今度は青空の時に行けるといいですね。
2016.10.14 23:44 | URL | #HfMzn2gY [edit]
みわ says..."Re: タイトルなし"
> たくあんさん
素晴らしいところ教えて下さって本当にありがとうございました!
あいにくの雨でしたが、全く気にならないくらい素敵な場所でした。
今度はぜひ晴れの日に全部歩きたいです。1日かかりそうですよねwたくあんさんに案内して頂けたらもっと楽しいんだろうなー
2016.10.21 08:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stealthswitch.blog.fc2.com/tb.php/54-0002a013
該当の記事は見つかりませんでした。